当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

サイトをご覧後の行動は・・

サイトをご覧いただいて、施術にご興味がある方は、
次のいずれかをご選択してください。

1.今すぐに施術を予約したい方は・・

  TEL0154-65-1746 (月~金8時~18時 土8時~12時)か、
  メール予約フォーム(こちら)へどうぞ。
  アクセスは釧路市内から車で15~30分です。こちらを参照して下さい。

2.自分の体調が、氣の健康法で、どう変化するのか確認したい方は・・

  無料健康相談(こちら)へ。

注意)当院は、本気で良くしたいという方を本気で応援しています!

  

施術内容

当院の施術は、従来の施術とは、あらゆる面において異なります。
最も異なる点は、以下の点です。

 

痛みを止める、ということは、つまり・・

◎西洋医学

西洋医学は、「痛みを感じなくする」ことが最大の目的です。


たとえば、あしのすねを強くぶつけるとします。
たとえば、足首を捻挫するとします。
たとえば、ひどい頭痛がするとします。

実は、痛みを感じるのは、すべて自然治癒の働きです。

・ぶつけたことがわかって、治癒する部隊が駆けつけられるように・・

・捻挫したところを無理に動かさないように・・

・頭の血流が悪いところに、血が流れ込むと痛みを感じます。

西洋医学では、
・打撲、捻挫⇒冷やす=血流を悪くなります。すると血が止まって痛みが軽減します。
・頭痛⇒血流を止めたり、神経の流れを止めたりします。⇒神経は、最高司令部である大脳と

各組織との、言わば電話線ですが、電話線を一時的に使えなくします。すると痛みの連絡が大脳に届かなくなるのですが、大脳からは治癒部隊を送る必要を感じなくなり、ダメージが残ったままになるのです。

本当は、痛みを止めている間に、自然治癒力が十分に働くなら、ダメージも早めに回復するのですが・・なにせ、治癒部隊を乗せた「血」を止めたり、電話線を止めたりするので、自然治癒自体が働かなくなるのです。

そして、ダメージが体の引き出しにしまわれていくのですが、一定量のダメージがたまってくると・・ダメージが溢れ出してきて、痛みを止めるどころか、体のアチコチが悲鳴を上げることになるのです。


そうして6ヶ月以上、治療を継続しても良くならない状態は、「慢性」疾患と呼ばれます。


有名な慢性疾患は、糖尿病、高血圧ですが、


 今度は、数値検査をして、一定の数値内に抑えるために薬を使うことになります。

 

 目的が、「痛みを感じなくする」から、「一定の数値に抑える」に変わるのです。

 それを「健康管理」と呼ぶのですね。

 根本原因は、相変わらず、手をつけられず、もっぱら数値を管理する

 ことだけが主目的になります。


 薬による副作用には、他の薬が用意されます。

 

 もちろん、もはや改善することはなく、死ぬまでこの状態が続くことになります。


◎東洋医学

東洋医学は、根本原因にアプローチしていますが、残念ながらアプローチする方法が決定的に間違えているのです。体に直接、手や器具によって影響を与えれば、体はどうなるでしょう?

たとえば、

右腕の筋肉が縮んでいるのを引っ張ってみると・・
そのまま肩が抜けたのではたまりませんから、引っ張られたと反対方向に
つまり、筋肉は引っ張って伸ばそうとする意向とは真逆に、縮んでしまうことに

なりますね。


もちろん、それ以上の力で引っ張れば、

肩を脱臼するなど、組織が壊れていきますね。

それと同様に、肩こりで、肩が硬いからといって、

その筋肉をもみほぐすとどうなるでしょう?

そうです。反対に硬くなってしまうのです。

または、反発する以上の力で圧せば、

筋肉組織が壊れてしまうのです。

この修復プロセスを“揉み返し”と呼ぶのですね。

『作用を与えれば、必ず反作用が起こる』


物理の初歩の初歩の働きです。


◎当院の健康法(施術)

体には、目立つ悪い処もあれば・・

(悪い奴は、わあわあ騒ぐので目立ちますよね。)


良い処もあるのです。
(しかし、目立たない)


中でも、身体の最も良い処

(まったく目立たない)をもっと元気にして


その元気になった処の情報を本人の大脳を通じて、全身にコピペして

もらう方法です。

 

「は?そんなことできるの?」「それで、悪い処が良くなるの?」

と思われましたか?

体には微弱な電気が流れていることはご存知だと思います。
電気が流れていれば、磁場が必ずできることも判ると思います。

体には良い電磁場と悪い電磁場が在るということです。

良い電磁場の情報をもっと良くすると、
その情報を大脳がキャッチして「うん、これは体にいい情報だ!」と判断すると

全身に、その情報を送り(コピペ)、全身をその状態にします。

そのため、悪かった処も良い情報に書き換えられるので、

良くなるという理屈です。


単純ですね。


お判りいただけましたか?


違う表現をするなら、

直接、体の硬くなった筋肉を揉みほぐすのではなく・・

硬くなってパフォーマンスが悪い筋肉の

社長である大脳に対して、

どこどこ支店にいる目立たないけど優秀な社員の情報を伝えて、


ダメになっている筋肉に対して直接、大脳社長から、

優秀な社員のやり方を伝えて、「柔らかくなれ!」と

命令してもらうと、


反発できないってことなんです。


硬くなっていた筋肉・・

それも全身の筋肉が柔らかくなる=血流が良くなり、

筋肉に押しつぶされたり、引っ張られたりしていた神経くんも

正常な状態になるので、体全体が健康を回復するっていうわけです。

本人が訴えている苦痛にのみ対処⇔忘れているダメージも良くする。

従来の西洋医学、東洋医学は、いずれも、本人が訴える苦痛に対処するのに対して、


当院の健康法(施術)は、本人が訴えている処はもちろん、本人がすでに治ったと思っているか、忘れている遠い過去のダメージ、たいして悪く無いと軽視しているダメージも良くしていきます。

よって、より根本的と言えるのです。

即効性⇔遅効性

従来の西洋医学、東洋医学は、即効性があります。

 

しかし、それゆえに、副作用もきついのです。

作用があれば必ず反作用が在るのが法則だからです。

 

当院の行う健康法(施術)は、遅効性であり、順々に、本人の体力に合わせて

無理なく悪い箇所を良くしていきます。ゆえに安全性が高いのです。

 

一歩一歩、歩みは遅くとも、無理なく、やればやるだけどんどん健康に

なっていきます。