当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

氣の健康法の開発秘話

・第二次世界大戦後、すぐに生き残った将校で、元々プロの治療師数名が、最も効果的な方法を探すため治療研究会を始めました。

・将校なので、戦略論を習得していましたから、優秀な人たちです。
 すぐに、戦略論を治療に応用できないかを考え始めました。

 つまり、全体を攻めるよりも、どこか一箇所だけ攻めたほうが効果的であるはずだ、

 と考えたわけです。
・施術現場で、全身をもみほぐすよりも、右半身だけ、あるいは左半身だけ揉んだ方が効果的であるという報告があり、各々現場で試してみたところ、確かにそうであることがわかりました。
・次に、半身の背中側か、あるいはお腹側だけを揉んだほうが効果的であることがわかりました。
・次には、たとえば右半身の背中側の体の中心側か外側の筋肉を揉んだほうが良いことがわかりました。
・次には、たとえば左半身のお腹側の体の中心の、上半身か下半身だけを揉んだほうが効果的であることがわかりました。
・そして、とうとう、体の一箇所(点)だけを揉んだほうが効果的であることがわかったのです!!
・最終的には、体を揉むのではなく、その一箇所に思念を送る(氣を送る)方が、数倍、数十倍、数百倍も効果的であることがわかったのです!!!


ぼく(院長)と氣の健康法との出会い

ぼくは合気道の先生が教える、氣圧(指の先から氣を出して、体に直接触れる方法)を最初、学んで実践していましたが、どうしても対症療法でしかないことに気づき、根本的に良くできる方法を探していました。6年が過ぎた頃、同じ氣の仲間でプロの整体師が、氣の健康法を一般人に伝えている人がいることを教えてくれました。ぼくは月1度開かれていた教室に3,4回だけ通いましたが、その健康法の効果的なことに衝撃を受けたものの、その方法が全く理解出来ませんでした。周りの10年以上習っている人も、同様に分かっていないことに、さらに驚きました。
そこで、そこに通っても身につけられないと、見切りをつけて、わかる為にも、さらに合気道を一生懸命にやることにしたのです。
そうして、出会いから3,4年が経った頃、ある日突然、わかるようになったのです。
さらに独自に研究を重ねて、改良を重ね、独自の健康法を開発したのです。
今現在も、お客様と共に、健康法を改良、進化させています。

ぼくの夢

・ぼくの夢は、

1.病、死の恐れから解放することです。

 病に苦しみ、病を恐れ、死を恐れている人たちに対して、
 本当の健康の源泉は、自らの中に存在している生命力であることを

 伝え、実践、実証していくことです。

2.健康法を伝える仕組みを作ることです。

ぼくが10年かかって身につけた健康法を短期間で伝えられるようカリキュラム、プログラムを開発し、組織を作り、生きている間に残すことです。
3.健康に対する意識改革を行うことです。
医学(手術、クスリ、治療法)が病気を治す、肩こり、腰痛は治療師が治す、という
誤った健康意識から、人類の目を覚まし、人の中に生来、備わっている治癒力が

健康を回復し、維持し、増進することに気づかせ、実証していくことです。


生きている間の目標は、

世界1億人(うち日本人2000万人)に気づかせることです。