当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

西洋医学の目的

西洋医学の目的、治療方針は、

ズバリ「痛みを感じなくすること」です。

そして、その目的、方針ゆえに、体は悪化することになるのです。

「どういうこと?」

どこかを強くぶつけると、腫れますね。
で、あわてて冷やす!のが常識ですよね。

でも、ちょっと待ってください。

何も無いときには、腫れませんよね。

何のために腫れたのでしょう?

体は体を守るために機能してくれています。
意味があるハズです。
そう思いませんか?

腫れるというのは、喩えて言うなら
体の治癒部隊が治そうとして

輸送手段である血管にのって集まってくれている!

ということです。

「冷やしたので腫れがおさまって良かったね!」

冷やすと何が起きるでしょう?


そうです。血の流れが止まる、集まりが遅くなるんです。

それって、つまり治そうとしてくれる部隊の邪魔をしている

ってことになりませんかね?

ま、それでも痛みが無くなったのだからいいじゃない!

では、どうして痛みは起こるのでしょう?
だって痛くならなければいいんですよね。

体は、どうして痛むのでしょう?
痛くなることが、治ることに必要なプロセスだからです。

体は限りあるエネルギーを有効に使わなければなりません。


たとえば・・

お腹が痛くなると、食べるのを止めます。
食べたものを消化するには多大なエネルギーを必要とするからです。
食べることを止めさせることで、エネルギーを治癒に使えるように

なるのですね。

どうですか?痛みって大切ですよね。


ところが、薬で痛みを止めてしまったら、どうなるでしょう?
「あー痛みが止まった、食べよう!」となりますね。

すると、本来、治さなければならなかった箇所は

そのまま残ってしまうことになります!!

ええーーっ、治ったから痛みが無くなったんじゃないのーーー?

はい、違います。ダメージがそのまま残ってしまったのですね。

そうして頭痛持ちは、ずっと痛み止めを飲みつづけ、

腹痛持ちは、ずっと痛み止めを飲み続け・・

腰痛、肩こり持ちは、ずっと湿布で痛み止め。


ひどくなってくると・・

「手術しましょう」


手術も根本原因を取り除く方法では、もちろんありませんので・・
どんどん蓄積されたダメージが体内に残って・・

ある時、爆発するのですね。

それで、もう何をしても、良くならなくなるのですね。

6ヶ月以上経ったとき、慢性疾患の病名を付けられて・・

一生、持病持ちの完成です。


どうして、そんなことになるのかって?

患者さんが求めるからですよ。

「この痛みを今すぐなんとかしてくれ」って。

西洋医学の強みと弱み

《西洋医学の強み》

・救急救命に圧倒的に強い。

 交通事故、事故、心臓疾患、脳疾患には

 まず、何を置いても西洋医学のオペを受けるべき。

・感染症予防

 各種ワクチン(ワクチンが体に悪いという説もあります)

・対症療法

 

《西洋医学の弱み》

・生活習慣病を完治に導くことは、難しい。

・肩こり、腰痛、関節痛

 手術はできるだけ避けるべき、と考えます。

・根本療法

東洋医学系の強みと弱み

《東洋医学系の強み》

・筋肉、関節、骨のゆがみに対する

 対症療法。

 

《東洋医学系の弱み》

生活習慣病を完治に導くことは、難しい。

・根本療法


当院の強みと弱み

《当院の強み》

・生活習慣病など、内臓疾患、心疾患、脳疾患に対する

 根本療法。病気予防。

・肩こり、腰痛、五十肩への根本療法と予防。

《当院の弱み》

・救急救命

・感染症予防

・対症療法