健康に関する情報をラインでお伝えします。以下「友だち追加」ボタンから登録してください。

友だち追加

当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

【 こんな症状に悩んでませんか? 】

 

〇出産後に多いママの不調の例

・偏頭痛

・婦人科系に由来する各種症状

・生理痛
・便秘、下痢

・肩こり、首こり、腰痛

・顎関節症

・アレルギー(アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギー、〇〇アレルギー等々)

・呼吸しにくい。

・目、鼻、耳、歯の不調

・風邪を引きやすくなった

・指、手首、肩、ひじ、ひざ等の関節痛、関節の腫れ

・不眠

・うつ

・パニック

 

〇乳幼児~未就学時代の不調

・下痢、便秘、腹痛

・異常と思えるほど落ち着きがない(数年、同じ状態が続いている)

・身体的、精神的、知的等の発達障害

 (先天的と診断されても、先天ではない場合もあります。)

・アレルギー(上記、ママの症状に同じ)

・イラつき、

・保育園、幼稚園に行きたがらない(半年以上続いている)

・風邪、インフルなど感染症にかかりやすい

 

【 ママと未就学児を守るキャンペーン 】

出産直後から未就学児を持つママの健康と0歳児から小学校入学前までのお子さんの健康を守り整える活動を始めます。

 

日本語でコミュニケーションをとれる方であれば世界中、どこに住んでいてもOKです。

 

体調不良をお持ちの方が対象です。

 

 

このキャンぺーンには大切な理由がありますので少し説明させてください。

※お申込み概要は下部に記載しています。

 

【 妊娠と健康 】

妊娠は、女性にとって、以降の人生を健康に生きられるかどうかの重要なターニングポイントであることをあなたはご存知でしょうか?

その理由を一つ一つ説明していきますね。

長いですが、大変重要な情報ですのでお読みください。

 

 

【 出産と骨盤の関係 】

人間は二足歩行になった関係上、どうしても四つ足動物に比べて骨盤の幅が狭くなってしまいました。そして、人間は筋力が弱いのでお腹の中に10か月も過ごします。

また脳が大きくなったため、その入れ物である頭部も大きくなったために、そのままでは開口部が狭く出産が出来なくなりました。

 

 そこで、骨盤を形成している仙骨部(尾てい骨のすぐ上の5つの骨。通常は一つの骨のように強い靭帯で一つにまとめられている。)が、出産時に開く!ことによって、出産するように出来ているのです。

この出産時に開いた骨が、再度、出産後に閉じていくわけです。

 

ここで、開く閉じるは、周辺の筋肉が行います。

そのため個々人の筋力の差によって

閉じきるまでの時間・日数が異なるのです。

そしてきちんと閉じきれば、その後は健康に生きられますが、閉じきる前に負荷がかかると歪んだ状態で固まってしまい、その後の体調不良の原因となるわけで。

 

【 出産の歴史 】

さて、日本では、もともと助産師(というか産婆さん)が赤ちゃんをとりあげてきました。

だって、出産は病気ではないのですから。

しかし、西洋医学が入ってきて、産婦人科がこれに代わりましたね。

 

 

【 西洋人と日本人の筋力の違い 】

西洋人の女性は、出産後、半日から2日くらいで閉じきるので産婦人科の入院もその程度です。

しかし遊牧・狩猟民族で移動を課せられた西洋人とは異なり、農耕民族で移動する必要の無かった日本人は、平均1週間から2週間、長い人は1か月近くかかる人がいます。

 

このように西洋人と日本人とではまるで筋力が異なるのですが、

現在、日本では産婦人科での出産後の入院は5日間が基本です。

※日本でも2日にしようという論議があります。

 

そのため、本来は、出産の御蔭で、健康になれるのに、反対に、腰痛、肩こり、冷え性、便秘からひどい場合は、10年20年経過後にリウマチや膠原病になってしまうような健康を壊してしまう原因となっているのです。

 

 

 

 

【 概要 】

 

令和2年(2020年)2月~サービスを開始します。

 

上記の対象となるママとお子さんを当院が遠隔施術で2か月間、無料で施術します。

1か月のご利用定員は、ママさんとお子さん合わせて、新規10名まで(2か月間施術するので、各月は最大20名までの定員となります。)

 

【参加者へのお願い】

 

1.お申込みから施術の開始前までに、現在、お困りの健康状態を教えてください。

 ※先天性と言われていても、とりあえずご相談ください。完全に先天性である場合は、良くなりませんが、先天性と言われていてもお腹の中では健康体だったのに、出産時に不調になるケースは多々あります。

 

2.施術開始後は、ラインにて、週1回、変化をご報告ください。

 

【お申込み方法】

LINEで友達追加をされて、問い合わせ、お申込みをしてください。または下記フォームにお名前、メルアドとお困りの症状を記入されてお申込みください。またはお電話でお問合せ、お申込みをしてください。TEL0154-65-1746

 

メモ: * は入力必須項目です