当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

当院のお約束

当院がお約束するのは、

お薬を飲まなくても

自身の持つ自然治癒力を回復するだけで

健康を回復・維持・増進したい方に対して、

 

1.当院で良くできるか、できないかを相談時または初回終了後、明確にお答えします。
2.良くできる場合、いつ頃までに、どれくらいの期間、通っていただければ

  との程度、良くできるかを初回終了時までに、お答えします。

3.特に、慢性的な疾患、慢性的な体調不良の方に対して

  実績(TOPページ左メニューの事例をご覧下さい)があります。

勘違いしないでください!
当院ではこれまでの

病院や治療院で行ってきているような治療行為は一切行っていません。


当院では、ご本人の生命力が主体であって、

その生命力がきちんと機能しさえすれば
心も体も健康を回復し(マイナスからゼロ)、

回復するだけでなく健康を増進し(ゼロからプラス状態)、

若々しくなれると考えています。

生命力を翳らせているのは、心身の癖であって、
新たな正しい習慣を上書き保存していくだけで
結果として、健康になっていくという健康法を伝え、
実践し、導いているのです。

その結果、これまで病院や治療院に6か月以上通われても

良くならずに、あきらめかけていた心身の健康が
回復していく現実を見てまいりました。

21世紀の健康実現は、治療という他者が主体の時代が終わり、

(他者とは、医者、治療師、薬、手術、サプリ、健康食品等々)

人間が自身の生来持つ生命力によって健康を実現する
人間が主体であって、

医療者、治療者は従となる時代の始まりだと考えています。

さあ、私たちと共に、

健康&美&幸せの道を歩んでいきたい方は、すぐにご連絡ください。


※慢性的な疾患とは、病院で診断名をつけられて、治療を受けているものの、
半年以上、改善していない状態のこと。
※慢性的な体調不良とは、病院で検査を受けても、原因が特定できないが
半年以上継続している不調のこと。 

 

選ばれる理由その1 副作用がないから安全安心

よく東洋医学系治療院では、自然治癒力を高めて・・のような表現が見られます。しかし、行っていることは、直接、体に手を触れて「作用」しているのです。それでは必ず「副作用」が生じます。

当院では、手を触れないからこそ「副作用なく」直接、生命力を司る脳のスイッチに働きかけることができるのです。

これができるのは当院だけです。

 

選ばれる理由その2 全身の不調が楽になるから。

「視力が良くなった」「半身まひが改善」「痔が良くなった。」「手術後の痛みが楽になった。」「肩こり、腰痛が無くなった。」「糖尿病の数値が良くなった。」「血圧が安定してきた。」・・ということが、治療せずに、起きてきます。だって体が元気になりさえすれば、元々体が健康にする力があるのですから。

選ばれる理由その3 心が軽くなるから。

心にもクセが有り、これが体調不良の原因となります。あなたには生まれてきた意味があって、魂は天命を知っていて、これを実現しようとします。ところが、心は様々な情報から「得」な生き方を選択します。この魂と心の選択の不一致がストレスになって、体に不調をもたらします。要は、体調不良は、魂のメッセージなのです。当院では、魂に付いた心のクセによる汚れをとっていくので、自分の行き方が見えてきます。

 

 

選ばれる理由その4 いつでも、どこにいても、施術が受けられたらの夢を実現しました!

・たとえ地球の裏側にいても施術は可能です。
・他県の方、仕事で忙しい時期、冬期など通いにくい季節、突然の入院など、来院できない時や、しばらく通院されて体調が良くなったものの、健康を維持、増進したい方が選択できるサービスです。

・複数の方を同時にカバーするので、料金が格安で利用でき、長期間にわたって健康を創っていけるサービスで、他には無い独自のサービスです。

 

※現在は、来院12回連続受けられて、氣の健康法を信頼している方と
 他県の方は、お客様のご紹介のみ受けられるサービスとなっています。

選ばれる理由その5 脳科学に則った方法で無理がないから。

当院では、治療は一切行いません。治療は、副作用を生むからです。ではどうやって健康を回復、増進するのでしょう?本人の身体を調整する最高司令部である「脳」に身体が元気になる情報を送り、実際に、健康回復するのは本人の生命力に任せる、のです。

  だからこそ、どの治療、どの施術よりも、最もより自然な人体にとって最良の「健康法」と言えるのです。

 

氣の健康法は、こんな人に特におススメします。

・本気で良くなりたいし、まだ良くなると信じている人。

病気、体調不良になったのは、何か「原因」があるからで、その原因を求め、自分に合う健康法を求めて、一度やると決めたら、3ヶ月~6ヶ月程度、継続して良くなるか確認しようという科学的態度を持っている方。

・心身共に良くなりたいと思っている人。

・副作用ない方法で良くなりたいと思う人。
・今後の人生は、人工薬ではなく、自分の自然治癒力を回復することで、健康を維持、増進したいと考えている人。

・健康と美容を同時に実現したい人。

・健康だけでなく、人間関係を良くしたい、人生を良くしたいと考えている人。

以上のように思っている方であれば、特にオススメできます。

 

氣の健康法は、こういう人にはオススメできません。

・病気のメリット(人が優しくしてくれる、休む言い訳ができる・・)を感じていて、本気で良くなりたいと思っていない人。
・年をとったら悪くなるのが当たり前、誰も自分の状態を良くできないと信じ込んでいる人。

※特に、この上記2つの方は、来院しないでください。時間とお金の無駄です。双方にとって何の良いこともありません。

・プロ任せ、人任せ、薬任せ・・何かに頼りきっていて、自分では何も努力しようとしない人。

・マイナス(体調不良、病気)からゼロ(痛み、苦しみ、病状が無くなる)になることが目的で、ゼロからプラス(健康増進、美容)状態へと進めて行く気持ちがない方。

・悪い処にばかり目を向けて、少しでも良くなっている処を認めようとしない、結果的に、すぐに諦めてしまう人。その態度こそが、人生を生きにくくしてしまっていることに気づいていない。

・好転反応(※1)に耐えられず、痛み止め薬、湿布薬(※2)に頼ってしまうことで、再び、ダメージを体内にしまいこんでしまうパターンを繰り返してしまう人。決して薬を使ってはいけないのではありません。知っていて最小限に活用するべきです。

※1:好転反応とは、良くなるプロセスで、体内にしまわれていた古傷のダメージが浮き彫りになってくることがあり、痛みや体が重く感じられること。
※2:西洋医学の薬は、ことごとく血流を止めて、体を冷やして、痛みを感じなくさせる。つまり修復するプロセスを抑え込んでしまう。

 

※好転反応の詳細は、下の欄を参照して下さい。

 

以上のような方には、オススメできません。

好転反応に、ご注意ください!

まるで良いことづくめのようですが、
実は、一つだけこの健康法にはマイナス面があります。
それは好転反応です。

身体が悪い状態から、良い状態になるにしたがって
次のような体感があります。
1.最も悪い時⇒体感は、鈍麻(あまりに感覚が鈍くなっており、何も感じない状態)

        麻痺(まひ)
2.かなり悪い時⇒重い、だるい

3.けっこう悪い時⇒しびれ
4.悪い時⇒痛み
5.健康なとき⇒何も感じない
6.とても健康なとき⇒軽い

当院に来られる方の最初の状態は、1~4ですが、
主に、1、2の方が多いのです。

6ヶ月以上、治療を受けていると
身体が冷えている、冷え切っている状態だからです。

西洋医学では、痛みを消すために鎮痛消炎剤を用いますが、
消炎とは、つまり「冷やす」ことであり、
鎮痛とは「感覚を麻痺」させることに他なりません。

交通事故、スポーツ障害などで

捻挫、打撲、骨折すると

患部が「腫れ」ますね。


腫れるというのは、

身体が患部を治そうとして

治癒部隊を血流にのせて患部に集まってきた状態です。


脳は治そうと部隊を送るのですが、

痛みを止めるために「冷や」されると

治す力が弱められます。

 

冷やすとは、

つまり血行を止める、悪くするということです。

冷やして痛みを感じなくしている間に、
本人の自然治癒力が働いて、

回復するのを待つというです。


本来、生命力が正しく機能すれば、
ダメージは打撃時がピークで、

時間の経過と共に修復されるのです。

しかし、冷やされることで、

ダメージを修復する力が弱まり、

ダメージは、体の深部へと隠れてしまいます。


痛みが減った=治った、は間違いなのです。


正しくは、痛みの信号を送ったのに、

治癒部隊が邪魔をされて働けないまま、

ダメージが深部に残った、のです。


そして、6ヶ月以上~数年にわたって
冷やし続けられた身体は、
当然に自然治癒力が落ちています。

ダメージは、全身バランスを

大きく歪ませます。


たとえば

右足首を捻挫⇒右足をかばい左足に荷重、

⇒左足に負担がかかり、ひざ痛を発症
⇒ひざをかばっているうちに腰痛を発症

⇒肩こり⇒頭痛となっていく・・


頭痛薬を服用しても、良くならないというわけです。

そういう状態で、当院に来院され、健康法を受けていると
だんだんと全身のバランスが整えっていき、

末端の毛細血管に血流が戻ってきます。

そうすると、過去にダメージを受けた状態が再現されて、
痛みが戻る=つまり治癒力による治癒が再開される、のです。


または、

感覚を麻痺していた体の
毛細血管の血流が回復しだし、

重だるさを感じるようになったりします。

好転反応である証拠に、
その痛みやだるさは、

せいぜい1日小1時間ほどで、おさまります。

 

ただし、打撲した直後の痛みですから

かなりの激痛です。


それを毎日繰り返して、
少しづつ、痛む箇所の範囲が狭くなり、

とうとう点になって、それも無くなっていきます。

体のだるさも、徐々にだるさが軽くなり、
とうとう抜けていき、身体が軽くなっていきます。


これがわかっていると、

痛みやだるさがでてくれば、しめた!

ここまで回復してきた!ということになり、


痛みやだるさは、むしろ喜びに変わっていくことも

少なくないのです。

※「健康回復」とは、マイナスからゼロの状態になることですが、
上記1から5へと向かっていきます。
「健康増進」とは、ゼロからプラスの状態、
ここでは、5から6になっていくことです。