当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

交通事故によるムチ打ちと目の奥の痛みの関係

頭の重さを約5kgと考えても、

時速数十kmの車による首への衝撃は何トンにもなります。


通常時でさえ、少しの傾きクセを持っているだけで、

首や肩が凝るのですから・・・


何トン(つまり数百倍!)もの衝撃が

どれほどのダメージを与えるか!想像をはるかに超えます。

この衝撃が、かかったとき、首の骨が一本の棒のように硬ければ
間違いなく骨が折れて、生命を失うか、半身不随になってしまいます。

そこで首の骨は、まるでムチのようにしなうことで、この衝撃を逃がして

折れないように守ってくれているのです!!(なんと生命は素晴らしい!)


このムチのようにしなうことから

首の残るダメージを「ムチウチ症」と呼んでいるのですね。


さて強い衝撃から、守るために、ムチのように動いた瞬間、

筋肉がものすごーーく強く縮みます。

たとえば、自転車かなんかで走って・・

ブレーキが壊れていて・・壁にぶつかると想像してみてください。

体を強く硬くしますよね。

そのように、首の筋肉は、ギュッと強く勝手に縮んで
くれるのです。

そのギュッと縮んだ状態は、衝撃が収まったら、

元のように柔らかくなってくれればいいのですけど、


これは・・たとえていえば、ミサイルが隣国から打ち込まれたと

思ってみてください。

ミサイルが打ち込まれて、爆発が終わったからといって、

すぐに緊張を解けないですよね。


それと同様に、いくらもう大丈夫だよと首に言い聞かせても

元には戻らないんです。

そうして筋肉が強く縮むことで、首から出ている神経を

こう押しつぶしたり、引っ張ったりすることになるんですね。


それで・・

頭痛、目の奥の痛み、目が血走る、鼻づまり、耳鳴り、めまい等の諸症状が

現れるってわけです。わかります?


だからといって・・

ズレた頚椎を牽引(ひっぱる)するのは禁忌です。タブーです。

絶対にやっちゃあいけませんよ。よけいにひどい目にあいます。

なぜって?


たとえば自分の指をつかんで、引っ張って手をパッと放してみてください。

必ず引っ張られた指は、元に戻ろうとしていることがわかると思います。

当たり前です。引っ張られたのに、引っ張られぱなしでは、簡単に指は

抜けてしましますからね。


首も同じことです。縮んだ筋肉を伸ばしましょう、と引っ張れば引っ張るほど

守ろうとしてよけいに縮もうとします。


もうケンカはやめろと引き離そうとすればするほど、

ケンカの当事者は、やろうとしますよね?

また、同じ理由で、首の筋肉を、押したり、揉んだりしても
筋肉は柔らかくはなりません。


いやーーそれどころか、守ろうとして硬くなります。

普通に考えてください。外から力で押して、柔らかくなるのであれば、

体を守ることは一切、できなくなりますよ。

粘土じゃあるまいし。

生きている人間の筋肉に「柔らかくなれ!」、「固くなれ!」と

命令できるのは、その当人の「大脳」だけなんです。


「じゃあ、どうすればいいんだ??」

という声が聞こえてきそうですが、


簡単なんです。大脳に頼むんです。

もう柔らかくなってねって。

どう頼むのかって言いますと
大脳の理解できる言葉で、ね。


日本人は日本語。アメリカ人は英語。

大脳は・・・

生体電磁波・・つまり「氣」で。

だって、大脳と体の各器官、各組織は

氣で会話しているんですから。

こうして大きなダメージをおったムチウチ症でさえ、

生命力をオンして、最大限に応援したなら、


時間は多少かかるものの・・


ああ、時間がかかるのはね、


たとえば、ケンカをして興奮した人間が

いったん落ち着いてもね、


想い出して「あの野郎!」とか興奮しなおすでしょ。
あれと同じなのね。

まあ、時間はかかるものの、共通言語である氣でもって

なんとかなだめすかしているとね、


だんだんと筋肉が柔らかくなってきて

ズレた骨さえ元に戻すことも可能にしてくれるってわけです。

すごいーー生命力、バンザイ!!

あっ、嘘だと思う人は

手も触れずに、筋肉の状態が変わるさまを見てみてね。
こちら