当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

バネ指は、どうしたら根本的に良くなるの?

「10年くらいの間に、何度も繰り返しているんです。

 けっこう痛いんですよね・・それがいつのまにか

 指が伸びていました。」

と驚かれるお客様が当院では多いのです。


もう60代にもなると、10年以上そういう状態なので、

バネ指のことを言わない方も、けっこういます。


それでも当院の健康法では、全体の筋肉バランスが整う結果

ぼくには告げなかったバネ指も良くなってしまうのです。


標準的な治療では、炎症を抑えて、

それでも良くならないと手術するのですが、
そういう考え方自体が、誤っていると僕は考えています。

痛みは炎症がもたらすのだから、炎症を抑えよう!

という考え方のことです。

痛んだ箇所を自然治癒させるために
血液が治癒部隊を運んだ結果が炎症です。

その炎症を抑えることは、治癒部隊の働きを抑えることに

なります。


それを繰り返した結果、

慢性化(治療しても半年以上同じ症状が続くこと)

してしまうのです。むしろ当然ですよね。

炎症は悪いの現象ではないのです。

炎症は身体が治す時に起きる必然的現象なのです。

治療と何が違うのかと言えば、

治療は、本人(患者)の気持ちに関わらず、

外の力(薬、手術)によって、否応なく作用が生じますよね。

薬の副作用が嫌だからといって、飲んだ薬の作用を消すことは

できませんよね。


手術による失敗が嫌だなと思っても手術されてしまった以上、

その効果を消すことは出来ませんよね。
お腹を切ったら、切った筋肉を完全に元に戻すことは

出来ませんよね。


当院の健康法は、本人が嫌だな、と思い、脳が完全に拒否したなら

何も変化を起こすことができません。


本人が、まったく信じていない場合、(人に言われて嫌々来た場合)
全く変化しないのです。

つまり本人の生命力が自然治癒の主役という点が

治療とは全く異なるのです。

現在よりも根本的な意味において身体を良くするには、

心身の現状を完全に把握していなければなりませんよね。


現状、どこにいるか判らずに、目的地に着くことは

不可能ですよね。


では身体の現状を知っているのは

誰でしょうか?


最新の医療検査機器は、

あたなの身体の、そして心の状態を

リアルタイムで完全把握し続けているのでしょうか?

もちろん答えはNoです。

1%も把握していないでしょう。

そうです。

あなたの心と体の状態を常にリアルタイムで

完全把握しているのは、あなたの脳です。

あなたの顕在意識ではありませんよ。

今、あなたの目は、この文字列を追っていますが、

あなた(顕在意識)は、その筋肉に一々、指示を

出してはいませんよね。

そうして座っていたり、立っていたり、歩いていたり

することも、日常のどのような動作も、しゃべることも

食べたり、消化したり、呼吸したり・・


いずれもあなたの脳だけが完全に状態を把握しているからこそ、

今何を行うことが身体にとって必要かを知っているからこそ

適切な事が出来るのです。当然ですよね。

あなたの顕在意識で、筋肉が言うことを聞くことは

ほぼ無いのです。(0.1%~0.01%くらいはあります)


当院においては、治療は一切行っていないのは

そういう理由からです。


あなたの心身の状態を完全に把握していて、

どうすれば、最も良いのかを知っている脳を

助けること、それが健康法です。


身体に触れずに、本人の最も良い処を探して

そこを氣で応援する健康法なのです。

そうすると、あなたの脳が

必要と判断する順番で、身体を良くしていきます。

心を良くしていきます。

その結果、僕が知らなくても

バネ指は良くなるのですね。