当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

がん、糖尿病・・重い病気・・私に足りないモノは?

がん、糖尿病、脳疾患、心疾患・・重い病気になると多くの人は、

「自分の何が悪かったのだろう?」と考える時があります。

あれかな?これかな?そうして変えてみます。

 

自分に「何か不足していることがあるのかな?」とも考えます。
「不完全な私」「欠けている私」が、まず心の奥底にあるのです。

 

遺伝かもしれない?→欠けているのは、ご先祖様から受け継いでいるから。

 

老化かもしれない→人間は年と共に衰えていくと無意識に考えている。

 

遺伝や老化では、対処の仕方も無いので、

一生懸命に欠けている自分を完全にしようと

足りない何かをプラスします。

 

でも・・何をプラスしても良くなりません。

 

もう何をしても無駄かも・・終にはあきらめる人もいます。

ちょっと待ってください!

 

あなたは不完全かもしれませんが、

生命は地球上に誕生して約38億年も経っているのですよ。

その間、一度たりとも生命が途切れた事はないのです。

 

絶滅したことがないのです。

絶滅しそうになっても生き抜いてきたのです。

 

生命ってすごいのです。

 

足りないって思っているのはあなたです。

勝手に何を思おうと自由です。

 

でも、少し考えてみてほしいのです。

 

がんになることも糖尿病になることも

欠けているのだから当然だとしましょうか。

 

あなたのご先祖さまも欠けていたということですね。

 

あなたが生まれるために2人必要ですね。

2人が生まれるにはそれぞれの親で4人必要。

4人を生むには、8人。8人生むには16人。

16人生むには32人・・・・

世界の人口は今がピークですよね?

昔は、人口は少なかったのですよね?

ということは、ご先祖さまは人類共通なのです。

 

同じ人間から生まれているのです。

 

で、100歳まで元気に生きた人と

50歳で病気で亡くなっちゃう人がいますよね?

 

同じご先祖様なのに。

 

きょうだいでも

平均寿命よりも長生きの人と

早死にする人っていますよね?

 

で、あなただけ欠けているって

誰が、そう思っているのでしょう?

 

根拠は何でしょう?

 

それって単に、あなたが勝手に

思い込んでいるだけなんじゃないですか?

 

ぼくは、子供のころから肩こりで、風邪ひきやすくって

すぐにお腹が痛くなって、ご飯の量も少なくって

自分はずっと虚弱体質だと20代まで思っていました。

思い込んでいました。

 

でも40代、50代になって

今、思うんです。肩こりもなくなって、

風邪もひきかけるとすぐに良くなって、

お腹が痛くなることは、ほぼ無くなって、

あれっ?俺って丈夫かも?

 

子供のころの若いころのあの状態って

何だったんだ?

 

老化が病気の体調不良の原因だと言うなら

ぼくなんか、もう死んでてもおかしくない。

 

遺伝が病気の原因なら

ぼくの両方の祖父は、30代40代で病気で亡くなっていて、

父親は66歳で、母親は77歳で平均寿命よりも早死にしているのだから

ぼくなんか、もう死んでしまっていておかしくない。

 

実際、ぼくは祖父の亡くなった33歳の誕生日を迎えたとき、

生きて迎えられたと本当にほっとしたものです。

 

あなたに欠けているモノがあるとしたら、

それは「正しい考え方」ではありませんか?