当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

心が変わる⁉心修正プログラム②

前回こちらのつづき。

 

A子さん「私、もう一つ悩みがあるんです。」

院長『どのようなことでしょう?』

A「今度ある会社の忘年会に行きたくないんです。

  もう本当に考えるだけで憂鬱で・・」

院長『具体的には、どんなことが嫌なのですか?』
A「会社の人と仕事以外で関わるのが嫌です」

院長:そんなことで、それほど悩むかな?ほかにもっと理由がありそう。
院長『子供のころに・・そうだな・・幼稚園の頃ですね。

   嫌な出来事・・この冬の時期・・クリスマス会とかおたのしみ会とかで

   嫌な思い出は無いですか?』

A「いえーー思い出せません。」

院長『幼稚園の先生・・女の先生ですか?』

A「はい女の先生です。」

院長『嫌いでしたよね?』

A「はい、嫌いでした。」

院長『何か嫌な事ありました?』

A「一つしか覚えていませんけど、何か出来ていないことがあって、

  母から先生にきちんと叱ってほしいと連絡がされていて

  みんなの前で、叱られたことは今でも覚えていて、

  すごく嫌でした。」
院長『他にそうだな・・女の子の友達で嫌いな子、すごく嫌いな子が
   いませんでしたか?・・うん、一人ですね。』

A「ほとんど覚えていないんです。そんなに嫌なら覚えていると思うけど。。」
院長『すごく嫌な思い出は、記憶を封印してしまうんです。

   今の会社に同僚の女性で嫌いな女性がいませんか?』

A「はい、2人どうしても嫌いというか苦手な人がいます。」

院長『どんなところが嫌なんですか?』

A「一人は、いじわるな人で、もう一人は自己主張が強い人なんです。」

院長『その後者の人が、幼稚園で嫌いだった女の子に似ているタイプです。

   なるほど、その2人がいるから、忘年会に行くのが嫌なんですね。』

A「・・そうかもしれません。」

院長『それで今、風邪にまでなっているんですね。出ない言い訳にするために。』

A「はい、そうかもしれません。」

院長『それほど嫌なら、行かなくて良いんじゃないですか?

   その嫌いな人のために、風邪にまでなって

   肩こりもひどくして、体をいじめるのは、自分にとって損だと思いませんか?』

A「はい思います。」

院長『なので、もうそろそろ、そういうパターンを卒業された方が良くないでしょうか、と

   提案しているんです。どうですか?』

A「はい」

院長『ね。嫌いな人が出来上がったのは、つくったのは幼少期の思い出なんです。

   子供のころの未熟な脳で判断した未熟な人間像なんですね。

   なので、その像を正しく修正しさえすれば、自分の前にそういうタイプの人が

   でなくなるか、出ても気にならなくなるんです。どちらが良いでしょう?って

   ことなんですね。』

A「現れほしくないし、気にならなくなりたいです。」

院長『ですよね。少しそのエネルギーを薄くしますね。』

・・・1分ほどして

院長『では、さきほどの嫌いな人を思い浮かべてみてください。

   どんな気持ちですか?』

A・・・気持ちを確認している様子・・

院長『さきほどと同じ感じですか?』

A「いえ、さっきまでは、同じ空気を吸っているのが嫌でしたけど

  今は、大丈夫になりました。」

院長『同じ空気を吸いたくないほど、嫌だったんですね。』

A「あ、はい。嫌でした。」

院長『と、まあ今は、短い時間でのデモですから、こんな感じです。

    心は修正できそうな気がしますか?』

A「はい、します。不思議な感じです。」