当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

本当に体に手を触れないで良くなるの?

人間には微弱な生体電流が流れています。
⇒正常に流れている処を良い処、

⇒反対に弱くなったり、乱れている処が悪い処で、


悪い処は筋肉が硬くなり、初期は肩こり、腰痛、関節痛ですが、
数年後から慢性的(6ヶ月以上続く)症状となり、

何をしてもこれらの不快症状は、とれなくなります。


そして・・一部の筋肉が硬くなって全身の筋肉バランスが乱れ
一部の神経をいじめる続けることから、内臓疾患、生活習慣病の発生と
悪化していき、重症化していくのです。

西洋医学では、悪化した症状を緩和する処置をします。

これを対症療法と呼びますが、原因(生体電流の乱れ)は
放置されたままです。なので悪化していくのですね。

良い処の電磁場情報を本人の大脳に伝えるだけで、
大脳は、全身に良い情報を送るので、筋肉のバランスが
整っていくのです。

まずは下のビフォー&アフターの写真をご覧下さい。

79歳女性 30年リウマチ 初回施術前後の変化

来院前(H26.6月)朝6錠、夜5錠飲まれていたリウマチのお薬は、H26.12月現在朝2錠のみに。足の痛みで寝られなかったのが、今はお薬無しで眠れるようになられたそうです。さらに良くなって、東京のお孫さんの処へ行かれるのが楽しみだそうです。

43歳男性 糖尿病 遠隔施術開始前

43歳女性 遠隔施術開始前

49歳施術前

施術前

43歳男性 遠隔2か月後

43歳女性 遠隔2か月後

施術直後

施術直後


施術前

施術直後


施術前

施術直後


解説しましょう。

手を触れて、変化が出るのは当たり前です。

 

整体、整骨院、鍼灸、カイロ、マッサージ、指圧等は、

骨の歪みや筋肉バランスの歪みを整えようと

直接、体に手を触れるのですが・・


しかし、脳は、いきなり外部から侵入され、

圧力を加えられたと判断して、

半日から2日くらいのうちに、
元の歪んだ状態へと戻します。

 ※ダイエットが失敗する理由も同じです。
  脳は急激に食料を少なくしたり、

  食の内容を変える事を嫌うのです。

では、どうしたらいいのでしょう??

大脳は、体の各組織と電流で会話をしています。
良い情報を伝えるには、本人の体の良い部分に

手を触れずに、エネルギー(氣)を送って

より元気にしてあげると良いのですね。

そうすると、大脳は、良い情報と判断して、
瞬時に全身に情報をコピペしてくれて、
結果、全身の筋肉バランスが整い出すのです。

これらの写真は、その証明です。

体の最高司令部である大脳が指示した命令であるからこそ
身体は自然に受け入れて、反発を起こさないのです。

したがって、これは治療ではありません。
治療で無い証拠に、こちら側を全く信じない人は、
大脳がこちらの情報(氣)を拒否すると

全く変化が起こらないことからも証明できます。


あくまで本人の生命力が主体であって、

従でしかない、こちら側との共同作業によって
健康が回復していくという健康法なのです。

続ければ続けるほどに良くなっていく理由です。

これまで、身体が良くならなかった理由は、
本人の大脳を無視して、治療行為をしたためで、

健康を回復するには、大脳が自ら回復を指示しなければ
ならないのですね。