当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

プロフィール

はじめまして、当サイトへようこそ。

ぼくは生涯健康実践会 代表で、

氣功療術院シンメトリーの院長をしております石橋充行(たかゆき)です。

 

人は左右対称の顔を見ると、美男美女と思うらしいですが、

それは左右対称の身体は、健康だと本能で知っているからだそうです。

 

ところで、ボディ(首下から腰)を見ると、胃が真ん中に位置するので、

左右、前後に非対称=つまり不健康な身体の人は、

胃に負担をかけていることが多いのです。

 

ぼくは身体に手を触れない施術を行っていますが、

施術しだしたとたんに8割の方のお腹(大腸)がググ ぼこぼこ くうーっと鳴りだします。

 

肩こりの方も、腰痛の方も、糖尿病の方も、高血圧の方も

末期がんの方も、みーんなググ ぼこぼこ くうーっと鳴りだします。

 

ぼくは北海道で一番、大腸を鳴らせるのが得意です。

※遠隔から来院まで、全て僕が直接、行っており
現在のところスタッフが行うことはありません。

 

・合同会社生涯健康実践会 代表 

 

  氣功療術院シンメトリー院長 

 

  合気道教室 教室責任者

 

生涯健康クリエイター@石橋充行(いしばし たかゆき)


自己紹介: 

 生年月日: 1964年4月30日
出身地: 釧路市

血液型:A型

 

生い立ち、動機:

 

曽祖父から数えて4代目

生粋の釧路生まれの釧路育ち。

 

寿(現.中央)小学校、

北中学校、

湖陵高校卒業まで釧路在住。

 

両親の父親(祖父)ともに

病気で30代で病死。

 

その話を幼児の時に聞いて以降、

小学校低学年から肩こりを発症。

 

父親は38歳(私が6歳)から

糖尿病を発症。

 

病気への恐怖から

子供の時から健康法を

片っ端からやり続けるが、

 

肩こりは解消せず、

風邪はひきやすく

 

自分は体が弱いと思い続けて

大人になる。

 

その後、

社会人生活を続けていた27歳の時、

釧路在住の父親が59才でがんを発病。

 

いてもたってもいられなくなり

独自に健康法を4年間勉強。

 

31歳の時には、氣の健康法を

本格的に勉強するため

2年間気の健康学院(当時名称)で

氣を学ぶ。

 

資格は取得したものの、

 

目的である

・生活習慣病を予防する。

・万一かかっても治す。

を達成できるどころか

 

自らの肩こりも治せずに

焦りはつのるばかり。

 

そんな頃に、治療師仲間から

現在の氣の療法の師を教えられ

学び始める。

 

初めて見たとき

たった3分で

治験者の脊椎の歪みが

修正されたことは

今でも忘れられない。

 

しかし、当時は全く出来ず、

さらに修行すること3,4年。

 

初めて気を勉強しだしてから

10年経過した頃、ようやく

氣の療法を理解できるようになる。

 

さらに6年間修業を積んで、

実家 釧路に帰り、

 

シンメトリーを開院する。

 

実に29年ぶりの帰郷。

 


好きな言葉:
「正しい方向に行う

  正しい努力だけが

    道を切り拓く」

by.石橋 充行