当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

故障しやすい?しにくい?チェック法

痛みが無くなってもダメージは残っている?!

骨折、打撲、脱臼、捻挫、どれほど小さな故障であっても

痛みが無くなっても、治っていないのです。

故障した箇所は、筋肉が冷え、ちじこまって硬くなったままです。

 

全身の筋肉はつながりあい、たとえ一か所、収縮しても全身に影響を

与え、全身の筋肉バランスが乱れるので、そのために何度も

故障をすることになります。

 

故障→治りきらない→筋肉バランスが乱れ→故障→・・引退。

 

これを読んでいるあなた、簡単な実験をしましょう。
全身鏡と地面から垂直な線のある壁をみつけてください。

 

1.後ろの垂直線が、体の中心にくるように立ち、鏡で映してください。

 

2.自分の中心線、眉間~鼻~あごの中心~両鎖骨の間~へそ~両脚の中心。

  これを結ぶ線が、後ろの線と重なりあっていますか?

 

  重なっていればいるほど、あなたは高いパフォーマンスを残せ、

  怪我も少なく好選手です。

 

  反対に、後ろの直線とズレまくっている方は、故障がちで、

  高いパフォーマンスを残せなくなっており、

  このままでは故障を繰り返した後に

  不完全燃焼のまま引退されることになるでしょう。

 

 

これまでの治療の主流は・・・

手術+リハビリでした。
しかし、この治療の考え方には根本的な誤りがあります。


それは、手術自体が筋膜、筋肉を切るわけですから、
手術によるダメージが残るという点。

そして何より自然に治癒する可能性が消える点。
そして、根本的な怪我の原因を放置したままという点です。

根本的な怪我の原因が残っており、手術によるダメージが重なることで

再発するリスクが高まり、やほかの故障が起こる可能性も高まるのです。

 

 

では、怪我の真の原因は何か?

先ほどの鏡に映した全身を思い出してみてください。

・真直ぐに立っていると脳は認識している。

・にも関わらず、実際には、わずかだが歪みがある。

つまり脳に歪みがあるのだ。
そして、体を修復する機能も脳にある。

その脳に歪みがあるから、修復できないのだ。
修復できないのは、脳がその歪みを認識していないからだ。

そして、どうだろう。
真直ぐに立つこともできないで、150㎞、160㎞のボールを

一年中、通して正確にとらえることが出来るだろうか?

だからこそ、脳の歪みを残したままで
手術とリハビリに頼る治療法では、絶対に体も良くならないし、

パフォーマンスも良くならないのだ。

 

では、どうすれば根本的に故障から回復し、かつパフォーマンスを向上させ、かつ故障しにくい身体にできるだろう?

答えは、簡単。

そう、脳の歪みを正せば良いのです。

問題は、どうやって脳の歪みを正のか、という「方法」だ。

外科手術・整体・鍼灸・マッサージ・・ではどうだろう?

これらの治療法は、すべて体の外部からなされますね。

脳は、体を守るため、外部から加えられる力が何であれ
これを無効化しようと働きます。

これが、今まで、どの方法をしても
再発し、または他の部位を痛めることになっているのです。

 

では、どうすれば?

「治療」が根本的な問題解決にならないのなら、どうすれば良いのでしょう?

脳や体の各組織、各器官同士は、神経を通じて、電気信号で連絡しあっています。
脳に電気信号で、正しい情報を伝えれば良いのです。

 

といっても人工的な電気信号ではありません。
生体の発する電気信号です。

人体には微弱な電流が常に流れています。
電流が流れているので、体中に電磁場が出来ています。

この生体電磁波を氣というのです。

そして、体には、悪い処だけでなく、普通の処、良い処が同時に存在しています。
みなさんは、悪い処だけに注目し、治療する側も悪い処を何とかしようとしますね。

氣の健康法は、悪い処ではなく、良い処に注目します。
良い処の中でも最も良い処(点)を探し出します。

最も良い処は、最も電磁場情報が整っているということです。
この最も良い処を氣で応援します。

するともっともっと良い処になります。

このときに、脳は、そのより元気になった場の情報を

キャッチします。そしてキャッチした情報が体に良いと判断すると

その情報を全身に送ってくれるのです。

すると脳の命令ですから、すみやかに命令が全身で遂行されます。
全身の筋肉バランスが整うのです。

全身の筋肉バランスが整っていると、

脳は、悪い処を悪い処と認識でき、適切な処置を体の各所に命令指示します。

そして、体は本来の修復機能を働かせて、悪い処を一つ一つ修復していくのです。

筋肉バランスがとれている状態とは・・あなたの近未来

余分な力を抜くってこういうことか!

・真直ぐ立てるようになります。

→中心、体の奥の奥から余分な力を抜けます。

 力を意識的に抜くのではなく、自然に力が抜けます。

・常に余分な力が抜けた状態で動作することができます。
→リラックスしている状態を意識的に作っていたとしても
 試合の緊張する場面や待ってましたのボールが来たりする

 チャンスの場面で、体に力が入り、せっかくのチャンスを

 逃してしまった経験はありませんか?

 

 いつでも、力が抜けた状態で、動作することが出来るようになり、

 これまでのパフォーマンスが一体、なんだったのだろう?と思える

 プレーが出来るようになります。

・日常も余分な力が抜ける。

→寝ても筋肉が常に収縮している状態が続いている人がほとんどです。

 寝ても疲れがとれず、当然、怪我の回復が進まないのです。

 

 それが、日常も余分な力が抜けると

 日常でも、血流が良く、神経の通りが良くなり

 怪我の回復、疲れの回復が格段に良くなります。

 

・怪我がしにくい身体に。

→余分な力が入らない状態でプレーするので、

 怪我をしにくくなります。