当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

肩こり · 19日 6月 2018
佐山明子さん(仮名・70才主婦)は、 中学生のころから肩こりを覚えるようになって以来、 ずっとひどい肩こり、首こりに悩まされてきました。 当院に来院されたきっかけは、 プロの鍼灸師からのご紹介です。 (よくプロの方々も来院されますし、  なぜか、お客様もご紹介くださいます。) 当院に通い出してから 「先生、おかしいんです。肩こりしないんです。...
老化 · 05日 6月 2018
優れたお医者様は多く、私たちは恩恵を受けていて、本当に感謝するのですが、 中には、驚くべき発言を簡単にする方がいます。 それが病気や体調不良の原因を『老化』と診断?される先生です。 あなたやあなたのお子さん、お孫さんも、もしかしたらそう診断受けられた方が いるかもしれません。 なかには、10代で腰痛やひじ痛、ひざ痛、肩痛などの原因として、...
脳梗塞リハビリ · 29日 5月 2018
佐々木 啓子さん(仮名・69才)は、 体調が思わしくなくなり、病院で検査を受けたところ 脳の呼吸中枢が梗塞を起こす一歩手前で、もう少し遅ければ 『即死』だったと診断されました。 病院で治療・リハを受けているものの 右脚、右手に後遺症が残っていました。 当院で週1回の来院施術を開始したところ、...
心は変わる · 23日 4月 2018
「あなたは、自分の事、大好きですか?」 体調不良の方の中には、様々な理由から 自分のこと好きになれない方が多いのです。 かく言う僕も若いころは、 自分のことを好きではありませんでした。 でも今は大、大、大、大好きです。 そして、当院に来られるお客様も 最初のころは、自分のことを好きになれない、嫌い、自信が無い、 そういう方が多いのですが、...
治らない病気 · 10日 4月 2018
佐々木恵美子さん(仮名・49才)の3回目。 車で一時間の距離を通われてきます。 佐々木さんは、痙性対麻痺(けいせいついまひ)という病気。 医師から「治らない」と聞かされています。 施術前に質問しました。 『この1週間、何か体調の変化に気づかれたことはありますか?』 「はい、帰ってすぐに、眠かったので1時間くらい寝たんですね。...
氣の健康法 · 05日 4月 2018
「不思議だな・・」 佐々木恵美子さん(仮名・49才)は、施術後の姿勢を 姿見で確認して、施術前より肩が水平になっていることを 観て、不思議がりました。 『まだ不思議なんですか?2回目ですよ。』 「でも、圧したり、揉んだりするならわかるけど、  触ってもいないのに、姿勢が整うなんて、やっぱり不思議です。」...
過去世の記憶 · 03日 4月 2018
三山幸恵さん(仮名)47才は、4回目の来院時に、 少し照れたように話し始めました。 「私、あの・・少し変な話ですけど  首を後ろから切られた覚えがあるのです。」 『いつごろから、そんな記憶があるのでしょう?』 「物心ついたころからあります。でも、親に言っても  わかってもらえなくて・・どうしてこの人、わかってくれないのだろうって。...
治らない病気 · 01日 4月 2018
佐々木恵美子(仮名)さん49才女性。 約21年前から右足が歩きにくく、一昨年、痙性対麻痺と診断を受ける。 症状としては軽いものの、治る見込みが無い事、遺伝の可能性があり、 お子さんへも遺伝する可能性があると医師から聞いて、うつ症になる など、精神的にもかなり落ち込まれて、来院されました。 先日、初来院されました。...
31日 8月 2017
体内に入られている状態が長く続くと、どのような症状になるのでしょう?その後の体調は、どう変化するのでしょう?
01日 3月 2017
『・・何も触れていないガラスの人形の頭が割れて、   一晩中家なりがうるさくて、   夢で乗っ取られそうになるのを必死に抵抗していたので・・』 音は良く鳴らしますね。 廊下がきしむ、階段を上がる音がする、 誰もいないところで音がした・・ 良くあることです。 今回はガラスを割っているということで、...

さらに表示する