当社(生涯健康実践会)は、道内の自治体から健康講座を複数、受託しています!!

・弟子屈町役場:H26,27,28 健康講座

・浦幌町役場:H26,27 子育て講座

他、多数。

高速開通でさらに便利に!

妻の活動が評価され・・

釧路新聞2015年元旦号に特集されました。これからも夫婦で、健康活動に邁進してまいります。有難うございます!

合気道教室

釧路 湿原の風アリーナ

日曜午前

女性・子供・中高年歓迎!

※画像をクリックすると公式サイトに移行します。

 

釧路・鶴居 健康サークル

”Body Makeボディメイク”
※画像をクリック!
公式サイトに移行します。


『背骨コンディショニング』
簡単な運動と軽い筋トレで
健康づくりしませんか。

公式ブログ(イラストをクリック!)

肩こり・腰痛・五十肩の方へ。
氣功療術院シンメトリー 

 

運営 合同会社生涯健康実践会

自院以外の講習会です。↓↓↓

H25年、鶴居村商工会主催で商工会の会員さん向け講習会をおこないました。

釧路新聞 プレゼント企画でh25.11月レストラン・ペパーミントレーンさんで健康講習会を行ないました。

釧路新聞 プレゼント企画で、H26年9月レストランichi期一会さんで健康講習会を行ないました。

H26.10.17コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H26年10月釧路管内の体育協会に招かれ講習会を行いました!

H26.11月鳥取中学校家庭教育学級で講習会を行いました!

H27.4コア鳥取で健康講習会を行ないました。

H28.4釧路西部図書館で健康講習会を行いました。

霊障 事例1 49歳女性

笹田(仮名)さんは、長年のぜんそく、アレルギーで来院されました。

職場を変えたとき霊が憑依したことから、霊感が喚起され、霊が憑きやすくなりました。
霊が憑くと吐き気がしたり、胃の調子が悪くなったり、蕁麻疹が出たりされます。
そのたびに、憑いた霊に昇天(成仏)していただいています。

すると、そうした症状が消えるのです。あっという間に楽になります。

あるとき、夜寝ると、身体でむにゅっとふんづけたような感じがあり、

ぎょっとして声をあげたのだそうです。

 

確認してみると体内に霊が入り込んでいることがわかりました。

霊は、盆の窪(後頭部と首の接合部)から体内に入りこみます。

体内に霊がいると、浮遊霊が寄って来やすくなるのです。

それを昇天していただいたところ、随分と憑きにくくなってきました。

 

約20年続いたぜんそく発作は、

今年(H27)になってほぼ出なくなってきました。

 

ところが、またしばらくすると憑きやすくなり、

ぜんそくまではいかないまでも、体調が悪くなるのです。

 

本人の体内にはいないので遠隔で調べてみると

家族(母親)の体内に入っていることがわかりました。

それを昇天させるかどうか、母親と相談してもらっています。

今回は、母親には来院してもらわずに、遠隔でやることに

なりそうです。

 

体内に入り込む霊は、数百年単位で存在し続けているヒトがあり、

これらは、この世のすべての人間を恨み、

落とし込めようとの目的を持っています。


昇天させないよう、来院をしないように心を誘導するものが

いるので、注意が必要です。

霊障 事例2 63歳女性

膠原病の強皮病。首こり、腰痛、全身の疲れ、張り、両手がヘバーデン結節(親指を除く指の第一関節が曲がる)、両足の親指が脱臼して固まっている。という状態で来院されます。

初回が終わって、徐々にへバーテン結節の指の曲りが良くなってきた。
8か月が過ぎて、右手の指がほぼ真直ぐになってきた。


霊障は、初回に来られたときに調べて、

おびただしい数の霊が憑依していることがわかったが、

とにかく、昇天してもらっても、しょっちゅう憑依するので

おかしいと思い、原因を探るうちに、体内に入り込んでいたことが

わかり、それを昇天させてから、激減した。

しかし、油断するとすぐに憑依するので、コマメに対応が必要。

 

 

霊障 事例3 47歳女性

心配性、夜(湿疹、蕁麻疹、足の脛や太もも内側にできやすい)肩甲骨コリ、倦怠感、便秘、冷え、風邪ひきやすい・・といった症状に悩まされて来院されました。

年がら年中というわけではありませんが、わりと霊が憑依しやすく、
ときどきメッセージをもった身内の霊が憑くこともあります。

数か月来院後に、遠隔施術に移行して、肩こりが軽くなる、なっても早く良くなる、

便秘が解消される、風邪をひく回数が減ると体調は良くなってきつつありますが、

 

やはり霊が憑依するたびに、体調が崩れます。

マメに憑依霊に昇天(成仏)していただくことが健康維持の決め手となっています。

基本的には、お子さんの出産後に骨盤が閉じすぎてしまい、長年、太れないことも

悩みでした。このとき左の仙腸関節に歪みが残っています。

この癖直しが、健康になっていく鍵となります。


この骨盤の閉じすぎが徐々に適正な位置に戻りつつあり、
1kg少し体重が増え、周りから、やや柔らかい印象を受けられるように

なってきました。

 

霊障 事例4 47歳男性

若い時から中堅管理職となった出世頭の斉藤(仮名)さんでしたが、

経営陣が交代し、業務が過密になったことから、うつを発症し、

春から会社を休むことになりました。

当初は、1ヵ月休めば復帰できるだろうと考えていましたが、
中々改善せず、長期に取り組むことになります。

それまでの精神科とカウンセラーとの併用で、

休業後3ヵ月くらいしたときに来院されます。

精神科には会社休業の証明のために、受診を継続するものの
ご自身の判断で、当院での施術開始直後から、向精神薬の服用をやめます。

どんどん体調、精神を回復されていったのですが、
来院開始から1か月半が経った頃、学生時代の友人でやはり出世街道を

走っていた人が自殺をしたことを人づてに聞きます。

そして、そんなとき、自宅マンションの5階のベランダの窓から

人がのぞいている姿を一瞬、観られたような気がしたのです。

その自殺した友人が憑依したのです。
胃の調子が悪くなり、吐く息が臭くなっていました。

すぐに気が付いて、昇天していただきました。
しかし、その後も時々、憑依されるので・・

もしやと思い調べた処、体内に霊が入り込んでいました。


その霊を昇天していただきましたが、
憑依する率が減りません。

 

おかしいな、と思いさらに調べていきますと

御実家が大変なことに。

 

御実家は霊のたまり場でした。

お兄様は体調が優れずにお仕事も出来ない状態だったのです。

 

ご本人はすっかり体調回復に自信を取戻して、

会社休業から10か月後に復帰する予定でいらっしゃいます。
→H28.2復帰されました。

 

ここからは、お兄様と御実家のクリーニングを

開始することになるのですが・・
そのご紹介は、また後日。

 

 

霊障 事例5 遠隔地

※事例4の男性の御実家のお兄様のお話です。

御実家は関西。とても道東には通院できませんので遠隔でスタート。

最初に、霊が体表に憑いたのは、小学校高学年の頃、
小旅行で近隣の古都を訪れた時です。

以降、遠隔での霊0クリーニングを実施する直前までに

3体の霊が体内に入っていました。いずれも身内の霊ではありません。

 

うち一体の霊は、応仁の乱の時代の女性で

強い恨みを人々に持っていました。

 

その女性の霊は、中学の旅行(修学旅行かも?)時に憑依し、すぐさま体内に入り、

そのとき、すでに小学生の時に憑依していた霊を体内に引き入れたと思われます。

 

最後の一体の霊は、10年以内に体内に入ってきている。これも女性の霊に
引き入れられた可能性が高いのです。

お兄様は、小学生の頃から、アトピー性皮膚炎に悩まされ続け、
途中から、さらに悪化して大人になってからも続いています。

お兄様は、お仕事でも人間関係がうまくいかず(霊に邪魔されている可能性が高い)
にいました。

さっそく、クリーニングを始めましたが、

まず、小学生のときに憑依して、体内に引きずり込まれた霊と
最後に10年前に体内に引き入れられた霊の二体は、すぐに
クリーニングできました。

ところが、通常、長ても1分程度で終わるクリーニングですが、
最後の親玉である女性霊、これがすこぶる凄かった。

まず、ぼくの存在をつきとめ、
クリーニングを試みた夜中に、
子分である動物霊をうじゃうじゃと送ってきました。

※だいたい寝ているときに狙ってきます。

で、かれらを全てクリーニングすると
翌晩は、自分のコピーが攻めてきました。

で、これもクリーニングすると、
お兄様の体内から逃げていきました。

それで、最後に逃げた相手を

クリーニングして終了したのです。

その後、遠隔施術を開始しています。
さて、数十年も体内に居た後遺症は、ひどく心身を傷めていましたから
長い時間が必要です。
今後、どう回復されていくか、またレポートしますね。